分享

【京都.臼井靈氣療法百年紀念大會 -臼井甕男老師】

靈氣 REIKI 臼井甕男 臼井靈氣
【京都.臼井靈氣療法百年紀念大會 -臼井甕男老師】
靈氣的歷史上,最重要的人物毫無疑問的是臼井甕男老師。這是因為在那個動蕩的時代(明治和大正時代),將有關於這種能量的知識向許多人開放。他關於靈性和治療的智慧對許多人有很大的幫助。臼井博士的成就不僅在於發現了靈氣,還在於建立了傳承和普及臼井靈氣療法的體制與系統。
臼井甕男老師 於 1865 年出生於日本谷合。多年來,他一直在探索「人生的目的」、安心立命的境界,也就是不會讓自我煩心,步入達到安其心境之道。終於在鞍馬山經過21天的齋戒和禪修後,求取理想的開悟狀態得以完成。在此結果之下,也獲得了與靈氣共振的治療能力。
也因如此,每個人都可以不用管自己的情況如何,大家都可以利用宇宙能量、造福他人,提高自己的靈性, 臼井先生將臼井靈氣療法建構為一種健康與幸福之道。「人生的目的就是得到幸福」為明確方向,並以手当療法為入口,展示了提高靈性的道路與方法。
臼井霊気療法100周年記念 1922年~2022年 
2022 年是臼井甕男老師創立臼井靈氣療法 100 年的日子。為了感謝這樣一個不斷尋求智慧的謙卑之人,他讓愛的能量開始擴大,這一天不僅對靈氣修煉者而且對人類來說都是重要的一天。 認識到老師留下的這種不可替代的靈氣方法的重要性,馬德里現代靈氣協會,Asociación Gendai Reiki Ho Madrid(AGRHM),與日本和世界各地的靈氣練習者相聚在一起,希望能以所有實踐者都感興趣的內容與方式來慶祝這一個特別的日子。
本次紀念大會將於2022年8月12日至14日在京都國際會議中心(ICC京都)舉行。 而這個儀式對所有靈氣研習者開放。 我們希望這次聚會能促進友誼、團結與活力,尤其是對臼井甕男老師致以滿滿的感激之意。 因此,我想不出除了京都更能表達臼井甕男老師尋求安心立命之境的地方。
我們還邀請了深入參與臼井靈氣療法的日本人來賓。 此外,我們邀請了與在西洋靈氣的世界中的領導者與權威,在醫院和治療領域均有使用靈氣能量的經驗,與科學領域的研究人員,那是因為了要解全面的了解靈氣在實踐中的實際面向是至關重要的。
我們希望來自五大洲的許多參與者,能在深造知識之外也能充分享樂,於是預定準備了一個特別的節目。這是與主辦國日本文化相關的表演,也就是日本音樂家的和太鼓音樂會公演。表演會場在設施一流舒適的會議中心,国立京都国際会館(ICC Kyoto)也是簽訂了京都議定書的地方。
我們希望藉由這個機會證明靈氣是一種生活的方式,不僅是引導眾生能夠更健康,也是一種個人和精神成長的道路。 靈氣引導我們走上這條道路,每天都能夠在生活中實行靈氣。在這樣一個不確定的時代,增加我們的能量振動,對於改變人類意識的改變是至關重要的。
全世界所有的靈氣實踐者,讓我們一起慶賀吧!
2022 年 8 月,我們將慶祝臼井靈氣療法創立 100 週年,這是臼井甕男老師的偉大遺產。 想在臼井甕男老師獲得安心立命之境的附近參加一場歷史性的、獨特的、宇宙等級的活動嗎? 從眾生一體的角度,與所有人分享愛的宇宙能量,並將靈氣的種子傳播給人類,是臼井甕男老師的願望。我們真誠的期待您的參與。
https://www.reiki.com.tw/news/225/
臼井甕男先生
霊気の歴史上、最も重要な人物が臼井甕男先生であることは疑う余地がありません。激動の時代(明治・大正時代)においてこのエネルギーに関する知識を多くの人々に開放したからです。彼の精神性そして癒しに関する叡智は沢山の人々にとって大きな助けとなりました。臼井先生の功績は霊気を発見しただけではなく臼井霊気療法の伝承・普及の体制を確立したことでした。
臼井甕男先生は、1865年に日本の谷合で生まれました。彼は長年「人生の目的」を探求し、安心立命の境地、一切思い煩う事のない安らかな心境に到達するための道を歩まれました。そしてついに、鞍馬山での21日間の断食と瞑想の後、求めていた悟りの境地を完成されました。その結果、霊気エネルギーと共鳴することによる治療能力も得られました。
そこから、誰もが自身の状況に関係なくその宇宙エネルギ-にあやかり、他の人に恩恵を与え、自己の精神性向上をはかっていくために、霊気療法の普及や指導の体系を創りました。臼井先生は臼井霊気療法を健康と幸福の道として構築し、「人生の目的は幸福になること」と明確にされました。手当療法を入り口とし、精神性の向上を目指す道を示されました。
臼井霊気療法100周年記念 1922年~2022年 
2022年、臼井甕男先生が臼井霊気療法を創設してから100年になります。英知を求め続けた謙虚な一人の人物のおかげで、愛のエネルギ-は拡大し始め、この日はレイキ実践者は勿論のこと、人類にとっても重要な日となります。先生が残してくださったこのかけがえのない霊気法の重要さを自覚し、マドリードの現代霊気協会・Asociación Gendai Reiki Ho Madrid(AGRHM)は、日本および世界中の霊気実践者と共に、そして実践者でなくても関心のある全ての方々とお祝いしたいと考えています。
この記念式典は、2022年8月12日~14日、国立京都国際会館(ICC Kyoto)で開催されます。そしてこの式典には、全ての系統のレイキ実践者の参加が可能です。友好関係や団結を促し、活気に溢れ、そして何よりも臼井甕男先生への感謝の気持ちで溢れる集まりであってほしいと願っております。ですから、臼井先生が安心立命の境地を求めた京都以外の開催場所が思い当りません。
また、臼井霊気療法に深く関わる日本人ゲストもお呼びしています。更に、病院や治療分野で霊気エネルギーを用いた経験を持つ科学分野での研究者の方々など、西洋霊気の世界的権威の方々にもお越しいただきます。それは、霊気が実際どのように実用的に用いられているか、全ての側面をご覧いただくのが重要だからです。
知識を深めながら楽しめる内容を盛り込んだプログラムを用意しておりますので、5大陸から多くの参加者をお待ちしております。日本の音楽家や和太鼓のコンサートなど、開催国の日本文化に関連した公演も予定されています。開催場所は快適な設備を整えている一流のコンベンションセンターで、この国立京都国際会館(ICC Kyoto)は京都議定書が採択された会館です。
そしてこの機会が、霊気は生き方であり、生きとし生けるものをより健康に導くだけでなく、個人的そして精神的成長の道であることを証明してくれることを願っています。霊気は私たちをその道に導き、日々実行することで可能性を示してくれます。このような先の見えない時代に、私たちの振動を高めることは、人類に意識の変化が起こるために不可欠です。
世界の霊気実践者の皆さん、一緒にお祝いしましょう!
2022年8月には、臼井甕男先生の偉大な遺産である臼井霊気療法の創始100周年を祝います。臼井先生が安心立命の境地に到達した場所に近い位置にある会場での歴史的で、他にはないユニークな、そしてコスミックレベルのイベントに参加しませんか? すべてはひとつという観点から皆さんと普遍的な愛のエネルギーを真心をもってシェアーし、霊気という種を人類に広げたいという臼井先生の願いに近づきたいと考えています。皆さまのご参加を心からお待ちしています。
MIKAO USUI
The most outstanding figure in the history of Reiki is undoubtedly Mikao Usui. He stands out because he opened the gates bringing knowledge of this energy to many in a time of drastic changes for the Japanese people. His spiritual and healing wisdom was of great help to many people. Usui sensei’s achievement was not only to discover Reiki but to set up a system, the Usui Reiki Ryoho, to transmit and spread the word.

Mikao Usui was born in Taniai, Japan, in 1865. He was a self-taught seeker. After many years of searching he found the inner path leading to the state of Anshin Ritsumei or absolute mental stillness. He did so after meditating and fasting for 21 days on Mount Kurama. As a result of this he also attained the power to heal in resonance with Reiki.

After that he devised a simple system for teaching and passing on this energy so that everyone, independent of status, could access and manage the universal energy and help others, making great strides along the way in their own spiritual development. Usui Sensei set up the structure of the Usui Reiki Ryoho as a pathway towards health and happiness. He declared that “The purpose of human life is to be happy.” With the laying on of hands as the “portal” he taught the path towards spiritual evolution.

CELEBRATING THE CENTENARY OF THE USUI REIKI RYOHO 1922-2022
The year 2022 will mark 100 years since Mikao Usui established the Usui Reiki Ryoho. This is a key date for Reiki practitioners and for humanity in general as, thanks to the generosity of a humble man, a seeker after knowledge, the energy of love began to spread. Aware of the importance of this legacy, the Madrid chapter of the Gendai Reiki Ho Association, AGRHM, together with colleagues in Japan and across the world, wishes to celebrate this event with all interested people whether they are Reiki practitioners or not.

The event will take place between August 12, 13 & 14, 2022 at the ICC in Kyoto, Japan. All Reiki practitioners from any school are invited to join. We want this to be a twinning event, a nexus of union, to be lived from the heart and, above all, with gratitude towards Mikao Usui. For this reason we cannot think of a more apt venue than Kyoto, the city where Usui sensei prepared to attain Anshin Ritsumei.

Therefore, we will have Japanese guests linked to the Usui Reiki Ryoho. We shall also invite the most reputed international representatives of the world of western Reiki, as well as researchers and personalities from the world of science with experience in the application of this energy in the hospital and therapeutic context. It is important to showcase all the areas in which Reiki has a practical application.

We estimate that there will be many participants from the five continents who will be able to enjoy a programme full of knowledge and also fun, because there will be performances related to the culture of the host country such as a concert of Japanese percussion music, etc. The venue offers every facility. In fact, the Kyoto ICC is the prestigious convention centre where the famous protocol on climate change was signed.

We want this to be a testimony for Reiki as a way of life, a pathway to personal and spiritual development as well as a method of improving the health of living beings. Reiki takes on meaning and reveals its potential when it is applied in day to day life. It is crucial that we raise our vibration in these times of uncertainty in order to bring about a change in human awareness.
REIKI PRACTITIONERS OF THE WORLD, COME AND CELEBRATE WITH US!
In August 2022 we will celebrate the first centenary of the creation of Usui Reiki Ryoho, the great legacy of Mikao Usui. A historic, unique, global event, very close to where the master reached the state of Anshin Ritsumei. We want to share together the energy of universal love from the truth of the heart, from the unity that we are, and get closer to Usui sensei’s desire to spread the seed of Reiki in humanity. We are looking forward to sharing this experience with you.
#靈氣  #REIKI  #臼井甕男  #臼井靈氣 
分類:心靈

【作者於對岸執業,於兩岸三地教學多年,內文為診間與教室內的心得紀錄。】https://www.reiki.com.tw

評論
上一篇
  • 【2022 京都.臼井靈氣療法百年紀念大會-演講者介紹:謝爾頓·費爾德曼博士】
  • 下一篇
  • 【2022 京都.臼井靈氣療法百年紀念大會-演講者介紹:奧拉夫·鮑姆】
  • 更多文章
    載入中... 沒有更多了